【空調服】選ぶポイント〜酷暑の中仕事やレジャーで涼しい服はどれ?

スポンサーリンク
おまけコーナー
スポンサーリンク

今年の夏もやはり暑い! それでも炎天下の中、どうしても仕事をしなければならないひともいます。そんな中、最近脚光を浴びているのが背中部分にファンをまとった『空調服』です。最初にこの服を着ているひとを見かけたときは、『この暑いのに、ダウンジャケットなんか着て気の毒なひと』だと思いました。しかし、この『空調服』を着ているひとが口をそろえて言ってることが『もうこれを着たら、この服なしでは炎天下では作業できない』です。そんなに効果があるのでしょうか?最近価格も安くなったとはいえ、まだまだ値段がはるものですから慎重に選びたいものです。どんなところを気を付けて選んでいいか見ていきましょう!

空調服は長袖タイプか半袖タイプかそれともベストか!

空調服を選ぶときのポイントとして、『長袖タイプ』か『半袖タイプ』かそれとも『ベスト』かとという問題があります。結論からいうと服の部分とファンの部分が分かれているのでどのタイプを買ってもあとで、服の部分だけ買い足すことができるのでそれほど心配する必要はないと思います。

私は長袖タイプと半袖タイプのものを両方使っているので、それぞれの利点を簡単に説明したいと思います。まず、長袖タイプですが空調服が最初に出たときにはこの長袖タイプしかありませんでしたし、涼しい風がカラダ全体(上半身の)に行き渡るので『涼しさ』という点では長袖タイプの方が理想的かも知れないです。

一方、半袖タイプは、何しろ腕の部分がスッキリしているので作業がしやすいという点と見た目がすっきりしていて、下に着る服によってコーディネイトができるのでおしゃれに着こなせるというのが利点でしょう。

両方持っていてTPOによって使い分けるというのが理想です。

バッテリーの容量は作業時間に応じて検討しましょう!

空調服はだいたいどこのメーカーでも、『服』と『ファン』と『バッテリー』がセットになっています。もちろん、それぞれが単品で売られているのもあります。

そして、実は空調服の値段を決める要素で一番大きいのがバッテリーの容量です。バッテリーの容量は空調服を着てどれぐらいの作業ができるかの目安になります。1日中作業をしなければならないひとは大きめのバッテリーを買う必要がありますが、4時間程度の作業であれば小さいバッテリーでも十分作業ができるのでむやみに大きなバッテリーを買うこともなく費用も節約できます。

UVカットのアルミシートや保冷剤入れなどの機能もチェック!

『空調服』は、服に取りつけたファンを回すことによって涼しい風を服の中に送り込みカラダを冷やすという仕組みです。いわば『風を着る』という表現がぴったりですね。

『空調服』には、各メーカーが工夫を凝らした涼しくする機能が付加されたものがあります。

例えば、背中の部分に紫外線をカットするアルミシートが貼りつけられた服もあります。夏の陽射しはそれだけでも突き刺さるような暑さがありますから、これを緩和してくれるだけでもありがたいですね。

さらに、首の後ろに『保冷剤』を入れる小さなポケットが付いている服もあります。ちょっとしたことで暑さをしのぐのにも役立ちます。

作業着だけではなくレジャー着としても最適!

『空調服』は作業着としてだけではなく、レジャー着としても活躍します。釣りやキャンプなどのアウトドアにもその威力を発揮します。最近の作業着は空調服に限らずどれもおしゃれになっていますね。最近の空調服はファンの部分が簡単に着脱できるので、1台のファンとバッテリーのセットで仕事用とレジャー用に着こなしが出来ますしレジャーも釣り用やキャンプ用などにも使い分けが可能です。

さあ、あなたも炎天下でも『涼しい夏』を過ごしてみませんか!?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました